Thursday, September 30, 2010

LuckyStance



映画から受けるインスピレーションは、多大。

"I borrowed the perceived purity and moral innocence of the animal image and imbued it with human complexity."
(私は知覚純度と動物画像の道徳的な無罪を借りて、人間の複雑さと、それを吹き込んだ。)

『ブロンド・ヴィナス』(Blonde Venus)1932

ボンッボンッボボンボボンッ。 バックでダンサー達が踊るこのシーン。



そしてゴリラの正体は女王、マレーネ・ディートリッヒ!!!
『モロッコ』ではシルクハットを被り燕尾服を着てズボンのポケットに片手を入れて煙草を吹かしたり、指を2本クルクルと回すポーズをするゲーリー・クーパーに同じポーズを返すカッコよさは例えようがない、ハンサムないい女。



『愛の嵐』(The Night Porter)  1973

このCharlotte Ramplingの格好と迫真の演技が素敵すぎ!!



主演のこの2人の過去が生み出したものこそが、人生に対する無常観である。ナチズムの生み出すものの本質は、人間的感情の喪失であり、そういった人間と同調することでしか生きながらえなかったこの娘の官能的シーン。



もう、おばあちゃん。

そして
『勝手にしやがれ』(À bout de souffle)1959

この0:10~0:20までのたった10秒が大好きなのです!!『ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン!!』



ニューヨーク・ヘラルド・トリビューンとは社会問題を赤裸々にリアルに語っていた、パリ在住の外人向け新聞。私は共産主義を支持しているかたわらこの新聞を一度は手にしてみたかった!!

そして美しき青春時代をともにした我が家とも今月いっぱいでお別れ! 
色んなタカラモノが出てくるので片づけにいちいち時間がかかっております。


actby the selby

しまいこんでた音楽達もたーくさんッ!! やっぱり一番多かったのはレゲエ(なんだかダンスホールとラバーズあたりが多い)とダンスのDVDなど!!強烈なダンサー時代の衣装も!!笑

Leela JamesのCDも出てきたし❤


多分、先輩から頂いたと思われる,ネネ・チェリーとか!!w


その中でも今のへヴィ・ロテ❤はこれ!!!


いつ見てもリンゴさん、いい。

新居にむけて、armmy*のお店ONE-NESSでも、共産主義クッションを注文したよー!!

関係ないけどこの間,Abobe secondで集まった時。


じゃあ、明日から禁煙がんばることー✖✖✖


HUGHUG TAKAKO

No comments:

Post a Comment