Sunday, November 4, 2012

&black

たびたびこの場で織り込んじゃってるアタシの映画論。

最近、キてるのがサイレント映画。(モチロンあくまで個人的に)






この単独的HITに予兆がなかったワケではないのだが。

「え!サイレント映画を独りで見るなんてチョー寂しい!」とか思うでしょ?超寂しいから!

最近の映画って3Dメガネつけてバッコーン!てビルが吹っ飛ぶのにヤッホーイ!て興奮しちゃう感じ....でも外出たらまたクラクション鳴っちゃう忙しい街で、さっきの映画がまるでたった一瞬のファンタジーだったかのような...何となぁく、鼻から一気に吸い上げてハイなってまたそれを求めたくなる中毒的感覚のようなような...映画じゃなくて映画系?日本の美術で例えて、口当たり良くいうと'POST'エイガ系?trash感丸出し。なんせ沈黙は服従よ!

まぁまぁ、そんな勝手に映画史の未来を心配していた今日この頃....。(あ、もちろん3Dは大好物です。)







サイレントに映像美やスターの表情だけ見ていくのって五感とそれ以外の過去の記憶や現在の気づかない心境なんかが複雑に混ざり合いながら感じるから後味が長い。
それに混じって小さく応援するささやかで控えめなメロディーたち。


こういう方が今っぽいし、絶対モード!









私がついに、世の中の人たちからおばさんって言われるその時が来たら即座に美容院へ行ってLouise Brooksの髪型にしてもらお。そしてその時わたしがオカネモチだったら毛皮のコート羽織ってもう一度この映画と向かい合おう。


ps.宇宙の支配者  ただいま日本はまだ午前0時ちょい前!







love ... ♡

No comments:

Post a Comment